電気工事の費用相場は?

オフィス(店舗)環境を決める大きな要因が”エアコン”。 日本には四季がありますから、エアコンがないのは辛いことです。 ただ、一般家庭とは異なり、オフィス(店舗)のエアコンは巨大。 家庭用と比べても形は特殊で、どれを選べばいいか分からないもの。

また、巨大なだけに設置費用がどれほどになるのか不安が残ります。 そこで、今回は業務用エアコンの種類と特徴についてご説明しましょう。 電気工事の費用にも触れていますので、ぜひ導入の参考にしてみてください。

1.エアコンの種類と特徴

エアコンと一括りにしていますが、家庭用と業務用の大きく2種類に分けられます。 では、家庭用と業務用の違い、さらに業務用エアコンの種類と特徴を見ていきましょう。

家庭用と業務用の違い

家庭用(ルームエアコン)と業務用(パッケージエアコン)の1番の違いは”冷暖房能力”。 家庭用がせいぜい8畳〜12畳までなのに対して、業務用は50畳以上に対応できる機種も。 複数台を組み合わせることで何百畳も、高さのあるフロア全体も冷暖房できます。

もちろん、オフィス(店舗)の広さが12畳以内であれば、家庭用という選択肢も。 業務用に比べて費用も抑えられますし、家電量販店などで気軽に購入できます。 まずは家庭用か業務用、オフィス(店舗)にどちらをつけるか検討するのがいいでしょう。

業務用エアコンの種類

オフィス(店舗)が12畳以上あるのなら、間違いなく業務用エアコンの領分です。 では、業務用エアコン(パッケージエアコン)の種類と特徴をご紹介しましょう。

天井埋め込みカセット型

露出面が正方形をしたタイプで、天井に埋め込む形で使用します。 正方形という形を生かして中央から吸気、4方向から排気することが。 どこにでも配置しやすい上に、天井に埋め込むので空間の邪魔になりません。 デザイン性にも優れているので、おしゃれなオフィス(店舗)を目指すなら最適です。

ダクト型

エアコン本体は天井内部に、吸気口と排気口だけ露出しているタイプです。 吸気口は1箇所のみですが、ダクトさえつなげば排気口は複数箇所に設置可能。 2台,3台と広範囲に設置すれば、広いオフィス(店舗)でもムラなく冷暖房できます。 また、あくまで本体は1台なので、少しでも費用を抑えたいならおすすめの選択肢です。

天井吊り型

家庭用と同じように、天井から本体ごと吊り下げられているタイプです。 天井から本体ごと吊り下げるので、大掛かりな電気工事は必要ありません。 家庭用のように壁や天井を補強し、本体を引っ掛けるだけで済みます。 ただ、一方向にしか排気できないので、あまり大きな空間には不向きでしょう。

床置き型

本体を床にそのまま設置できるタイプの業務用(パッケージエアコン)です。 本体に吸気口、排気口があり床にそのまま設置するだけと電気工事はさらに簡単。 短期間で設置できる上に、工事が簡単なのでかかる費用も抑えられます。 しかし、床に直接なので場所を取るなど、最近ではあまり選ばれていないタイプです。

どれを選べばいいのか?

業務用(パッケージエアコン)として紹介したのは主に4タイプ。 では、結局のところ業務用としてどれを選べばいいのでしょうか?

  • 天井埋め込みカセット型…どんなオフィス(店舗)にも向いている
  • ダクト型…幅広や縦長など範囲の広いオフィス(店舗)向き
  • 天井吊り型…個人事業主は小規模事業者などスモールオフィス(店舗)向き
  • 床置き型…イベントや公演会場など臨時オフィス(店舗)向き

特殊な場合を除いて、基本的に紹介しなどのタイプでも設置はできます。 各タイプの特徴を理解した上で、オフィス(店舗)に合わせて決められるのがいいです。

2.電気工事の費用

エアコンの導入には”本体費用”と電気工事の”作業費用”の2つがかかります。 本体費用はメーカー、タイプや機種によって様々です。 メーカーサイトや販売店などに問い合わせるのが良いでしょう。 そこで、以下に各タイプの電気工事にかかる作業費用をまとめてみました。

  • 天井埋め込みカセット型…30,000円〜
  • ダクト型…30,000円〜
  • 天井吊り型…25,000円〜
  • 床置き型…20,000円〜

上記から分かる通り、天井や壁に細工するほど作業費用は高くなる傾向に。 また、エアコン本体の馬力が上がるほど、作業費用も高くなる傾向にあります。 ただし、上記はあくまで作業費用の相場をまとめたものです。

業者によってはより高いときも、反対によりやすいときもあることに。 まずは最寄りの販売店、施工業者などで見積もりを取ってみると分かりやすいです。

3.まとめ

今回は業務用エアコンの種類と特徴、電気工事にかかる作業費用についてまとめてみました。 業務用エアコンには主に4つの種類が。

  • 天井埋め込みカセット型
  • ダクト型
  • 天井吊り型
  • 床置き型

基本的にどれでも取り付けられるので、特徴を知った上で比較してみるのが良いでしょう。 また、電気工事にかかる作業費用としては、1台あたりおよそ2〜3万円ほど。 家庭用に比べると高く感じますが、業務用としてであれば良心的な価格帯です。 ぜひ、紹介した内容を参考にし、オフィス(店舗)に合わせた1台を検討してみてください。