電気工事の費用相場は?

オフィス(店舗)を運営していると、どこかで”リフォーム”の必要がでてきます。 設備が古くなったり、空間の雰囲気を変えたくなったりなど理由は様々です。 リフォームするとなれば、まず思いつくのがリフォーム会社に相談すること。 リフォーム会社であれば、内装から設備に至るまでトータルで施工してくれ便利です。

しかし、少しでも費用を抑えたいのなら、電気工事は専門業者にと分けるべき。 今回は、リフォームの電気工事の費用を抑えるコツについてご説明しましょう。 電気工事を依頼する上で注意すべきポイントもまとめたのでぜひ参考にしてください。

1.リフォームの電気工事は内容が分かりにくい

リフォームでは壁や天井、インテリアなど雰囲気に関わる部分ばかりが重視されがち。 だからこそ、リフォームにつきものの電気工事は曖昧に、余計な費用がかかりがちです。

電気工事には種類がある

電気工事と一括りにしていますが、実はいくつかの種類があります。

  • 屋内配線
  • コンセント類
  • 空調関係
  • 照明設備
  • ブレーカー
  • セキュリティ

特に、コンセント類や照明設備、空調関係というのは空間作りに欠かせないもの。 リフォームするにしても、まず考えておかないと快適な空間というのは生み出せません。

ちなみに、上記のすべてを依頼すると、費用は一般的な広さで20,30万円ほど。 ビルの1フロアのように大規模になれば、100万円以上かかることもあります。

見積もりが大まかすぎる

冒頭で紹介した通り、リフォームとなると”リフォーム会社”に任せるのが一般的。 しかし、リフォーム会社に任せても、結局のところ電気工事は専門業者に下請け。 リフォーム会社が間に入ることで、本来であれば不要の手数料が発生しています。

費用を少しでも抑えたいのなら、電気工事は専門業者に直接依頼すべきです。 ただし、電気工事の専門業者に依頼したからと、また丸投げするのは要注意。 というのも、電気工事関係の見積もりというのは大まかすぎるものばかりなのです。

業者の中には”一式”のざっくりした一言で、何十万円という費用を請求しているところも。 業者に依頼したときには、少なくともどこにどれだけの費用がかかっているのか。 屋内配線には、コンセント類にはなど細かく記載されているかチェックするべきと言えます。

想像しない場所に費用が

正直、電気工事というのは一般人にはあまり馴染みがなく、分からないことだらけ。 先述したような、屋内配線やコンセント類などは見積もりに記載しやすい部分。 例えば、配線は1mあたり3千円、コンセント類は1つあたり1万円などと記載されます。

しかし、電気工事にはブレーカーの交換工事、電気契約の契約変更の代理手数料など。 依頼主からすると「それって何?」と、想像しない場所に費用のかかることがよくあります。 気付いたときには見積もりより5万円,10万円と高くなっていることも珍しくないのです。

何度も言いますが、どこにどれだけの費用なのか、納得した上で契約するようにしましょう。

2.リフォームの電気工事の費用を抑えるコツ

リフォームの電気工事というのはトータルで任せたとして20,30万円はするもの。 そこで、リフォームの電気工事を少しでも抑えられるコツについてご説明しましょう。

相見積もりで比較する

まず、電気工事の業者に対して”相見積もり”を取りましょう。 相見積もりとはできるだけ同じ条件で、複数社から見積もりを取ること。 条件が近いだけに、費用やサービスなどを比較しやすいのが魅力です。

施工内容が同じということは、使用している部材等の数量も変わらないはず。 だからこそ、相見積もりで比較することで、費用の差が明確に現れます。 基本は安いところで、かつアフターサービスなどもチェックしておくのがいいです。

価格交渉に挑戦する

次に、気になる業者があれば、”価格交渉”にも挑戦してみてください。 どんな業者にも言えますが、利益を増やすためにちょっと高めに設定しているもの。 その為、価格交渉すれば、大抵の業者は多少の値引きには応じてくれます。

ちなみに、価格交渉するのなら、相見積もりでの比較を利用するのも1つの手。 「あそこはここの費用が…」と引き合いにすれば、より具体的に交渉できます。 強引に要求するのは失礼ですが、価格交渉自体は依頼主の権利です。

部材等を提供する

最後に、いよいよ契約の段階になれば、”部材等の提供”を申し出てください。 というのも、電気工事に使われる部材のほとんどはホームセンターに売っています。 例えば、配線コードやコンセント類、照明設備などの一般的な部材です。

業者が発注すると中間で手数料が発生し、当然ながら費用は高くなります。 その点、依頼主が部材等を提供すれば、単純に個々の購入費用のみ。 最近ではネット通販に格安部材が販売されていることもあり意外とお得です。

3.まとめ

今回は、リフォームの電気工事にかかる費用を抑えるコツについてまとめてみました。 電気工事の費用を抑えるコツとしては大きく3つ。

  • 相見積もりで比較する
  • 価格交渉に挑戦する
  • 部材等を提供する

まずは相見積もりで業者を絞り込み、気になる業者とは価格交渉で話を詰めて。 契約の前段階として、安く手に入る部材等は提供を申し出るのがおすすめの流れです。 ぜひ、紹介したポイントを参考にし、納得できるリフォームを実現させてください。